((不動産一括査定サイトのメリット))
不動産一括査定サイトといえば、所有している物件や土地の売却情報に対し不動産会社各社が査定してくれるというものです。
この不動産一括サイトの最大のメリットは、サイトを運営している会社が、不動産会社各社に見積もり依頼をしてくれるという点にあります。
不動産会社によって売却査定額は異なる場合があり、それを踏まえて何社かに見積もり依頼を検討しているなら一括査定サイトは大変便利なツールです。 何社かの不動産会社に見積もり依頼をすることで各社に競争意識が生まれ、1社に見積もりをお願いするよりも高く売却できる可能性があります。
不動産の売却査定に関しては、見積もりだけで金額が発生するということはないので安心してください。
一括査定サイト自体も無料で使用できるので、こんなにお得なサービスを使わない手はありません。

((不動産一括査定サイトのデメリット))
不動産一括サイトを利用するときのデメリットは、見積もり依頼をした不動産会社から次々に電話がかかってくるということです。 依頼してすぐに電話が来るということをあらかじめ覚悟しておけなければ、電話がかかってくる速さと、その回数の多さに驚いてしまうことでしょう。
また、不動産一括サイトは、サイトごとに売却査定してくれる不動産会社が違うということもデメリットとして挙げられます。 売却査定をしてくれる不動産会社が違えば売却査定額も異なるため、選ぶサイトによって査定額に大きな開きが出てくる可能性があります。 不動産を相続したり、財産分与をしたりするときに少しでも取り分が多くなるようにしたいという場合は、売却する不動産業者をより慎重に選ぶ必要があるのです。
そのため、マンション査定や土地査定、一戸建査定をするときは、どのサイトを利用するかをよく検討してから不動産一括査定に申し込むと良いでしょう。

((不動産一括査定サイト選びのポイント))
不動産一括査定サイトを利用するときに気をつけたいのは、サイトと提携している不動産会社の数です。
提携会社が多いサイトは情報量の多いというメリットがある反面、悪質な不動産業者も混じるリスクが上がってしまうというデメリットがあります。
一方で、提携会社が少ない不動産は厳選した業者としか取引しないため、それらのリスクを回避できます。
しかし、提携社数が少ないということは、提携社数が多い査定サイトよりも得られる情報が少なくなるという側面を持っているのです。
このように、提携社数によってそれぞれ良い点が異なるので、自分がどこに重きを置くのかで選ぶサイトは変わります。
また、不動産一括査定サイトを比べるときは、同時依頼数にも着目したいところです。 同時依頼数が多いほうが、より多くの不動産会社の売却査定額を知ることができます。
ただし、提携会社が多ければ多いほど、その分電話やメールなどの対応に迫られることになるので、査定の依頼時には注意が必要です。
同時依頼数の他には、サイトの利用者がどの位いるのかも確認しておくと、安心して利用できるかの判断材料となります。 サイトを通じて不動産を売却した人数が多いほど、実績のあるサイトとして信頼を置くことができるでしょう。

<おすすめ不動産一括査定サイト「お困り不動産どうする」>
お困り不動産どうする の特徴は、事故物件・再建築不可物件・敷地が賃借権物件・共有持ち分の物件などの いわゆる、お困り不動産というといわれる物件も取り扱いが可能という点です。
対応エリアは首都圏と関西圏に限られますが、一般的な不動産業者では取り扱いが難しい物件も対応可能です。
対応エリア内で、お困り不動産の処分を検討しているかたには最適な不動産一括査定サイトです。
「お困り不動産どうする」

(お困り不動産どうする の基本概要)
・サービス開始時期:2018年6月
・サイト利用者数:公表なし
・対象エリア:首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)、関西圏(大阪・京都・兵庫)
・買取専門
・提携数:50社以上
・同時依頼数:制限無し
・公式サイトURL:https://www.dousuru.co.jp/

※上記は、2019年時12月の情報です。
お困り不動産どうするの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「すまいうる」>
すまいうる は東証一部上場(株式会社エイチーム)のグループ企業が運営するサービスです。
大手から地元密着業者まで幅広く多数の不動産業者が登録しています。
すまいうる の特徴は、地元密着型の不動産とも提携しており、ある程度正確な相場を手軽に知ることができるというところです。
対応エリアは限られてしまいますが、1分もあれば簡単に物件情報を入力できるおすすめの査定サイトです。
他の不動産一括査定サイトと比べて、サービス開始が比較的新しです。
「すまいうる」

(すまいうる の基本概要)
・サービス開始時期:2018年4月
・対象エリア:東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知
・提携会社数:非公開 ・同時依頼数:最大6社
・公式サイトURL:https://www.sumaiuru.com/

※上記は、2019年12月時点の情報です。
すまいうるの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「IESHIL(イエシル)」>
イエシルは、分譲マンションの売買履歴や賃貸情報など約9000万件にも及ぶデータから、現在のマンションの価値を査定している一括査定サイトです。
1日5面談限定で個別相談会があり、マンションの売却に対する不安や悩みを相談することができます。
IESHIL(イエシル)

(イエシルの基本概要)
・サービス開始時期:2015年8月
・サイト利用者数:150万人
・対象エリア:首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)
・マンション専門 ・提携数:公表なし
・同時依頼数:最大3社
・公式サイトURL:https://www.ieshil.com/

※上記は、2017年4月時点の情報です。残念ながら、それ以降の情報は更新されていません。
イエシルの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「イエイ」>
イエイは60秒で不動産情報の入力ができる一括査定サイトで、その優れた操作性に不動産売却を考える人たちから注目を集めています。
イエイの特徴はなんといっても業界最多の登録社数を誇っているという点です。
1700社以上ある不動産業者から好みの会社を最大6社まで選択し、一括査定してもらうことができます。
実に、イエイを使った人のうち97%もの利用者が一括査定をして良かったと回答えており、数ある一括査定サイトの中でも高い支持を得ています。
あなたのお家、今いくら?不動産一括査定で最高価格を知ろう!
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」
(イエイの基本概要)
・サービス開始時期:2008年4月14日設立
・サイト利用者数:400万人を突破
・対象エリア:全国
・提携会社数:1700社以上
・同時依頼数:最大6社
・公式サイトURL:https://sell.yeay.jp/

※上記は、2018年12月時点の情報です。
イエイの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」>
査定依頼先の不動産会社の情報が多数掲載されていて利用しやすいです。
査定後はライフルホームズを通して概算価格が伝えられるので、まずは試しに査定してもらいたいときでも安心して利用できます。
利用者の多くは実名での査定依頼を行っているので、査定する不動産業者は匿名査定よりも真剣且つ丁寧な対応です。
LIFULL HOME’S 不動産売却

(ライフルホームズの基本概要)
・サービス開始時期:2008年
・サイト利用者数:476万人以上
・対象エリア:全国
・提携数:1786社
・同時依頼数:最大10社
・公式サイトURL:https://www.homes.co.jp/satei/

※上記は2018年7月時点の情報です。
ライフルホームズの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「リビンマッチ」>
リビンマッチは、売却か賃貸管理するか悩んでいる人に、便利な不動産一括査定サイトです。
どちらも比較できるので、より有利なほうを選択することができます。
それだけでなく、リビンマッチは仲介だけでなく買取も行っているので、早く不動産を売却し現金化したいという人にピッタリだといえるでしょう。
不動産会社の仲介による売却の場合は、不動産業者が売主と購入者の橋渡し役を務めます
一方で、不動産業者に直接買い取ってもらう場合は、購入希望者を募る必要がないため、手続きが早く終わるというメリットがあります。
リビンマッチ不動産売却

(リビンマッチの基本概要)
・サービス開始時期:2004年1月
・サイト利用者数:440万人(2017年1~12月)
・対象エリア:全国
・提携会社数:1400社以上
・同時依頼数:最大6社
・公式サイトURL:https://www.lvnmatch.com/

※上記は、2018年3月時点の情報です。
リビンマッチの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「イエウール」>
イエウールは一戸建てや分譲マンション、土地や店舗、農地など幅広い種別の不動産売却査定に対応しているサイトです。
イエウールの特徴は、地元密着型の不動産とも数多く提携しており、エリアカバー率が高いというところです。
そのため、都心だけでなく、地方でも売却できる不動産業者が見つかりやすいということが挙げられます。
不動産一括査定をするときは、地図もしくは郵便番号で査定を開始することができるので、査定サイトを利用したことがない人でも簡単に使用できます。
イエウール

(イエウールの基本概要)
・サービス開始時期:2014年1月
・サイト利用者数:1000万人を突破
・対象エリア:全国
・提携会社数:1900社以上
・同時依頼数:最大6社
・公式サイトURL:https://ieul.jp/

※上記は、2019年4月時点の情報です。
イエウールの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「タウンライフ不動産売買(売却)」>
あなたの売りたい住宅や不動産を、全国300社以上の不動産会社が査定して一括で見積り比較ができるサービスです。ネットで簡単に、無料で不動産売却の査定を依頼することができます。
タウンライフ不動産一括査定

(タウンライフ不動産売買の基本概要)
・サービス開始時期:2003年9月
・サイト利用者数:100万人(推定)
・対象エリア:全国
・提携数:300社以上
・同時依頼数:任意
・公式サイトURL:https://www.town-life.jp/fudousan/sell/

※上記は2019年12月時点の情報です。
タウンライフ不動産売買の利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「Smoola(スモーラ)」>
スモーラは、全国の不動産の売買情報、賃貸情報を基にした市場動向データを無料で公開している一括査定サイトです。
売却前に、近隣の類似物件の売却価格の相場がどうなっているかを確認してから一括査定ができるのがスモーラの大きな特徴です。
相場を知っておけば安く買い叩かれることも無く、安心して取引を進めることができます。
Smoola(スモーラ)不動産売却一括査定はこちら!

(スモーラの基本概要)
・サービス開始時期:2012年1月に正式版が公開される
・サイト利用者数:360万人以上
・対象エリア:全国
・提携数:2500店舗以上
・同時依頼数:最大9社
・公式サイトURL:https://smoola.jp/

※上記は、2019年9月時点の情報です。
スモーラの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「いえカツLIFE」>
いえカツLIFEは、首都圏にある不動産を一括査定してくれるサイトです。
このサイトの最大の特徴は、相続や離婚で生じた物件や金銭的事情が絡む物件など、専門知識がないと扱えない物件も査定してくれるという点です。
さまざまな事情を抱えて安く査定されてしまった不動産も、高価売却査定をしてくれるので安心して申し込みできるでしょう。
いえカツ

(いえカツLIFEの基本概要)
・サービス開始時期:2012年
・サイト利用者数:公表なし
・対象エリア:首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)
・提携数:公表なし
・同時依頼数:1つの売却方法ごとに最大2社
・公式サイトURL:https://iekatu-life.com/

※上記は2019年9月時点の情報です。
イエカツLIFEの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「マンション.navi(マンションナビ)」>
マンションナビは、提携社数が2500店舗を超える不動産一括査定サイトです。
分譲マンション売却に特化しているのがこのサイトの特徴で、マンション売却の仲介会社を探している人にはピッタリだといえます。
分譲マンションを賃貸管理したほうが良いのか、売却したほうが良いのかを検討するのにも大変重宝します。 数多くの提携社の中から最大9社による一括査定が可能となっているため、多くの不動産業者に売却査定額を提示してもらいたい人向きです。
マンションナビ

(マンションナビの基本概要)
・サービス開始時期:2011年4月設立(同年にサービスも開始)
・サイト利用者数:月間利用者数100万人以上
・対象エリア:全国
・マンション専門
・提携数:2500店舗以上
・同時依頼数:最大9社
・公式サイトURL:https://t23m-navi.jp/

※上記は、2019年1月時点の情報です。
マンションナビの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「RE Guide(リガイド)」>
リガイドは、独自の審査を通過した会社のみしか参加できない、高い品質を保持した不動産一括査定サイトです。 あえてたくさんの不動産業者と提携しないことで、悪質業者が混ざってしまうリスクを防いでいます。
他のサイトと比べると多めの最大10社まで一括査定してもらうことができるため、とても使い勝手が良いと人気のサービスとなっています。
なるべく多くの不動産業者に売却査定をしてほしいという場合に、リガイドは非常に役立つことでしょう。
不動産一括査定

(リガイドの基本概要)
・サービス開始時期:2006年7月
・サイト利用者数:公表なし
・対象エリア:全国
・提携会社数:700社以上
・同時依頼数:最大10社
・公式サイトURL:https://www.re-guide.jp/

※上記は、2019年9月時点の情報です。リガイドは旧SBI不動産ガイドです。
リガイドの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「MYSUMI-EX(マイスミEX)」>
マイスミの特徴は大手不動産会社だけでなく、地域密着型の不動産業者まで提携しているという点です。
不動産業者各社で得意不得意な分野が存在し、各社で査定金額に違いが出てくることもあるため、不動産をなるべく高く売りたい場合にはとても便利です。
日本最大級の転職サイトである転職EXを運営している「株式会社じげん」が運営していることもあり、信頼性の高いサイトとして支持を得ています。
不動産売却の一括査定

(マイスミEXの基本概要)
・サービス開始時期:2015年12月
・サイト利用者数:公表なし
・対象エリア:全国
・提携数:34社
・同時依頼数:最大6社
・公式サイトURL:https://www.mysumi.jp/

※上記は、2015年時点の情報です。残念ながら、それ以降の情報は更新されていません。
マイスミEXの利用体験レビュー

<おすすめ不動産一括査定サイト「HOME4U(ホームフォーユー)」>
ホームフォーユーは、日本で初めて誕生した不動産一括査定サイトです。
業界最長の18年運営している実績と、大手NTTデータグループが運営するサイトとあって高い人気を誇っています。
長年運営してきたノウハウを生かし、数ある不動産業者の中から厳選した1300社のなかから売却する物件に適した不動産業者を紹介してくれます。
(ホームフォーユーの基本概要)
・サービス開始時期:2001年
・売却査定数:累計35万件
・対象エリア:全国
・提携数:1300社
・同時依頼数:最大6社
・公式サイトURL:https://www.home4u.jp/sell/

※上記は2018年11月時点の情報です。

<おすすめ不動産一括査定サイト「おうちダイレクト」>
おうちダイレクトは、物件を売るための活動を全力でサポートしてくれる一括査定サイトです。
通常、一括査定サイトを利用した後は、各不動産業者に売却活動を任せることとなります。
しかし、それでは不動産業者によって広告方法が異なるので、物件の売れやすさにバラつきが生じてしまうのです。
そこで、おうちダイレクトでは売却を依頼した後も、ヤフー検索やおうちダイレクトに広告を載せるなど、独自の販売活動でサポートをしてくれます。
不動産業者の広告以外にも、いろいろと広告をうってくれることで物件が売れやすくなるというメリットがあります。
(おうちダイレクトの基本概要)
・サービス開始時期:2015年11月
・利用者数:公表なし
・対象エリア:東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・大阪・兵庫・京都・奈良・愛知・北海道札幌市・福岡県福岡市
・提携数:公表なし
・同時依頼数:最大9社
・公式サイトURL:https://realestate.yahoo.co.jp/direct/assessment

※上記は2019年9月時点の情報です。
※マンション・土地・戸建て以外の不動産は、愛知と北海道札幌市を除いた上記の都府県が査定対象となっています。

<おすすめ不動産一括査定サイト「すまいバリュー」>
すまいバリューは、2018年度の成約件数が11万件以上と実績のある不動産一括査定サイトです。
業界トップ3を含む大手提携会社6社の売却査定に限定することで、売却力の強さを維持しています。
売却を希望しているのに、なかなか思うような条件で売れないという方はぜひ利用してみましょう。
(すまいバリューの基本概要)
・サービス開始時期:2015年11月
・成約件数:11万5967件(2018年度)
・対象エリア:全国
・提携数:6社(870店舗)
・同時依頼数:最大6社
・公式サイトURL:https://sumai-value.jp/

※上記は2019年3月時点の情報です。

(不動産や自分の条件に合うサイトを利用しよう!)
不動産を売却するときは、1社だけに査定を依頼してしまうのはおすすめできません。 なぜなら、少しでも高く売りたいならより好条件を提示してくれる会社と契約したほうがお得だからです。 不動産業者各社に自分で査定依頼をするのは骨が折れる作業なので、面倒な手続きのわずらわしさがない一括査定サイトがおすすめです。 一括査定サイトも最低2サイト、できれば3サイト以上利用するのが良いと思います。