不動産売却と不動産査定

不動産査定をする場合、少しでも高値を付けたいと思うものではないでしょうか。
自分では高い価格がつくと思って査定に出しても、予測より安い結果となる場合もあります。
今回は不動産を査定して少しでも高く売却する為のコツを紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

たとえ同じ不動産であっても、査定価格は不動産業者ごとに異なる場合もあります。
不動産業者ごとに得意とする分野や顧客層が異なるからです。
つまり査定が安い不動産業者を利用すると、損をしてしまうのです。

不動産の査定は複数の不動産業者に査定を依頼して、比較して決めることをおすすめします。
1社のみに頼ってしまうと比較する対象がなく、査定結果が適切かどうかを判断できないからです。
複数の不動産業者に査定を依頼して査定結果を比較すると、相場がわかる場合もあります。
たとえば5社に依頼してそれぞれの結果が出たら、その合計を5で割り平均をチェックするのです。
それぞれ各不動産業者との対応が可能であれば、5社だけではなく なるべく多くの不動産業者へ査定を依頼すると良いでしょう。
このように相見積もり(あいみつもり)を取ることで一番有利な条件で売却することができます。
したがって、複数の不動産業者へ同時に査定を依頼できる不動産一括査定を強くおすすめします。
複数の一括査定サイトを利用することで多くの不動産業者から査定結果をもらうことができます。
当サイトが調査した結果ですと、お一人の査定依頼者は最低でも2サイト以上をご利用頂いているようです。
詳細は「一括査定サイト体験レビュー」をご覧下さい。

地価公示価格や路線価格などの公的データを参考にして、自分でも相場をチェックすると良いです。
インターネット上のサービスを利用すると、周囲の不動産の価格がわかる場合もあります。
地域性が査定に影響する場合もある為、参考にできるでしょう。

次に注意すべきなのは、不動産のビジュアルです。
ビジュアルとは不動産の見た目のことで、査定を左右する重要なポイントです。
不動産業者の査定スタッフも人間であり、ビジュアルの印象から高い価格を出すこともあります。
売却を希望する不動産が土地であれば、事前に草むしりをすると良いです。

不動産売却と査定

建物の場合は簡単に掃除をして、汚れなどが目立たないようにしてください。

そしていちばん大事なことは、
査定を1社にのみ依頼しても安い査定結果で話が進んでしまう場合もある為、複数の会社に依頼して信頼できるところを探すのです。
あとはビジュアルをできる限り綺麗にして、いつ引っ越しをするか予定を立てておけば良いでしょう。