★両親の高齢化にともなって、これから老人ホームなどに入居させることを考えるようになりました。現在私は34歳、独身で岡山県岡山市北区にひとり暮らししています。
もともと自分が住んでいた実家は隣町、岡山市中区門田屋敷にあり、土地面積約40坪、建物面積約30坪、4LDKの2階建ての一軒家です。
住宅ローンは完済しており、私含め子ども姉妹はみな独立して実家を出ているので、
今後誰も住む予定がありません。そのため、実家の売却を視野に入れて、ひとまず不動産の一括査定サイトをいくつか利用して、その価値を調べてみることにしました

今回申し込んだ一括査定サイトは「イエイ」、「イエウール」、「リビンマッチ」の3サイトです。それぞれに特長やメリット・デメリットがありましたので、比較紹介してみましょう。

まず「イエイ」。こちらのポイントは、なんといっても操作性のよさ。60秒で不動産情報が入力できるという謳い文句のとおり、指示に従って入力していくだけでとても簡単でした。
サイト自体が見やすく作られておりデザイン性は抜群です。入力に不備があっても、どこに問題があるのか分かりやすく表示されますし、非常に利用者に優しい作りだと思います。
項目がほとんど選択式なので手軽なのもいいですね。スマホでも入力しやすいと思います。
また、登録社数が多いので比較がしやすく、より高い値段で不動産を売却したいという方にはおすすめ。

実際、利用者の97%もの人が満足しているそうです。ただ、申し込み後の自動返信はメールではなく、SMSで届きました。申し込みをしたことの確認のみだったので、少し不親切かなと感じました。いくつも査定申し込みをすると、自分が入力した内容や査定してくれる業者のリストをあとから再確認したいこともありますので…。確認の意味でも一度返信メールが欲しいところです。

「イエイ」では、査定入力後SMSに登録完了のお知らせが入り、その後各業者から連絡が入ります。査定できた不動産業者は2社、「ハウ○ドゥ!岡山平井店」と「八○不動産」でした。
「ハウ○ドゥ!岡山平井店」のほうは、査定入力後5分もかからずに電話がありました。
サイトでは、備考欄に「メールでの対応希望」と書いたはず…。それに仕事中に電話をかけてこられ、「今大丈夫か」といった確認もなく話し出されたので非常に困りました。しかも、聞かれる内容もすべて査定時に入力したこと。さっき入力したはずなのに、結局二度手間になるので不快でした。結局メールで連絡いただけるよう頼んで切り上げましたが、こういうところでの対応態度や姿勢で利用するのをためらいますね。メールで、とお願いすると「軽い気持ちで査定したなら、いろんな不動産業者から連絡が来ると思うので、サイトから取り消したほうがいいですよ」と捨て台詞を言われました。非常に余計なお世話だと思いました…。しかも翌日に別の方からメールもありました。電話のことはまったくなかったような感じで、社内での情報共有はされていないようです。

査定結果は、3日後にメールで届きました。1980万~2380万円と、他社と比べると若干高めにはつけていただけました。メールには詳細な査定結果はファイルを添付しているとの記述がありましたが、ファイルはありませんでした。うっかりなのか確認不足なのか、最初の電話の悪印象もあり、少々不安な対応が残念でした。

「八○不動産」からは、当日の夜にメールでご連絡がありました。メールでのやり取り希望、机上査定希望などのほか、住宅に関する情報などについて、サイトで入力した内容をきちんと踏まえたメールでとても好感が持てました。一人ひとりの利用者に対して、誠実に、とことん向き合おうとする姿勢が感じられました。ファーストコンタクトは少し遅くとも、それはこういった姿勢の表れであるように思い、逆に印象はよくなりますね。
査定結果は4日後、メールで届きました。金額としては「土地と建物」を売却の場合、土地の価格に建物の価格「200万円」上乗せして2500万円とのことで、6社の中でもっとも高い価格を付けていただきました。計算の詳細についても資料が分かりやすく、簡易査定といいつつも非常に詳しくて助かります。

次に、「イエウール」の特長を紹介します。サイトそのものは、全体的にイラストなども盛り込んだポップな印象です。不動産情報の入力は、トップ画面から自動のチャット形式でしていきます。これが、少しタイムラグがあるのでせっかちな私にはちょっとイライラしますね。普段LINEやチャットなどを日常的に使っている若い層には問題ないのでしょうが、そうでない方は使いづらいかもしれませんね。

また、一戸建てや分譲マンションはもちろん、土地や店舗、農地など幅広い種別の不動産を扱っているうえ、地元密着型の業者とも数多く提携しているので地方でも売却できる不動産業者が見つかりやすい。私も地方在住なので、地元の業者さんのほうが安心できてよかったと思います。

「イエウール」で査定してもらえたのは同じく2社で、「株式会社ベ○トホーム」と「株式会社アー○・クリエイト」さん。

「株式会社ベ○トホーム」からは10分ほどでメールが入り、確認して後ほど連絡するとのことでした。すばやい対応、細やかに状況連絡をしてくれそうで好印象でした。しかし、10日経ってもその後のご連絡もなく、査定結果のメールも来ませんでした。最初の印象が良かっただけに残念ですね。やはりレスポンスの良さは大切です。

「株式会社アー○・クリエイト」も15分くらいと早い対応でしたが、年配の女性スタッフさんからの電話連絡でダラダラ話をされ、切り上げるのに少し苦労しましたので印象が悪くなりました。

ですが、査定結果は翌日と一番早くメールで届きました。結果は2087万円と標準的な価格でしたが、添付資料の中には周辺情報なども合わせて入っていたのがよかったと思います。
結果がどういうふうに算出されたのかも分かりやすく、購入希望者に対して付加価値も含めてしっかりプレゼンしてくれそうで頼りになる印象を受けました。

最後に紹介するのは「リビンマッチ」です。こちらは賃貸管理も比較できるサイトで、より有利なほうを選択できるのがポイントです。しかも、仲介だけでなく自社での買取も行っているそうで、早い売却と現金化を希望するならぴったり。自分の重視する点によってサイトをかしこく使い分けるのが良さそうですね。こちらも入力は簡単。選択式が基本ですが、「イエイ」よりは記述する箇所が多いので、少し手間と感じる方もいるかもしれません。自動返信メールのほか、どういったことに気をつければ不動産を高く売却できるのかといったメルマガのようなものも届き、非常に便利で面白い試みだと思いました。

ここで査定してもらえた会社は4社。他サイトと被りはありますが、「株式会社ベ○トホーム」、「株式会社A○ROWS」、「ハ○スドゥ!岡山平井店」、「イ○ステーション 岡山中央店」と、3サイトの中では最多。比較してより有利に、と思う人には良さそうですね。

こちらでいち早くメールをくれたのが「株式会社A○ROWS」さんでした。サイト利用から2時間ほどで、非常に好印象で丁寧なメールをくださいました。よかった点としては、訪問査定と簡易査定のどちらを希望するかをまず聞いてくれたことです。とにかく一度会って訪問査定に持ち込もうとする業者が多い中、選択権をこちらにゆだねてくれるので、誠実さが現れているように思えて気持ち的になんとなく安心できる気がします。また、その際に各査定方法のメリット・デメリットにも軽く触れてくれていたので分かりやすかったです。

ちなみに今回は簡易査定でお願いしましたが、快く受けてくれ、また査定の結果も翌日にはメールでくださいました。迅速な対応ですばらしかったと思います。結果はおよそ1900万~2100万で、建物の価格は付かなかったのは残念でしたが、標準的な査定結果だったようです。

今回査定をお願いした会社の中で返信がラストだったのが「イ○ステーション岡山中央店」。
当日の深夜にメールがありました。内容は、とにかく一度物件を見せて欲しい、お会いしたい、といったスタンス。この時点で、営業がしつこそうに感じて嫌な気分になりました。また、メールの文章も誤字・脱字・変換ミスなどが目立ち、敬語も怪しい…。やはりちょっとしたところで差がついてしまいますね。

そしてこちらも結局その後の査定結果メールはありませんでした。10日以上かかるなら、遅れる旨の連絡くらいはせめてして欲しいですね。任せたとしてもずっと不安が続きそうで躊躇してしまいます。

一括査定サイトを利用すると複数の不動産業者の査定が受けられるので、情報入力の手間がいっぺんに済むのがありがたいですね。業者に渡る情報にばらつきが無いため、まったく同じ条件下で比較できるのもメリットです。それだけに、査定額の差や対応の良し悪しが顕著に感じられてしまいます。私は実際に利用してみて、業者を選ぶとなったら査定額より対応を重視するなと思いました。

査定額については簡易・机上査定だったためどうしてもマニュアル的に算出するしかなく、ほぼ同じような結果になりました。でも、その会社が信頼でき、担当者が頼りになる人かどうかは十分分かりましたし、比較できました。営業マンの人柄や会社としての姿勢含めチェックするためにも、こういった一括サイトを利用するのはおすすめです。まとまった金額のやり取りになるため、お金だけでなく信頼は大事ですよね。

各社スタンスはさまざまで、だからこそ利用者が賢く選択する必要があるはずです。自分が重視するポイントや希望に合わせて選び分ける目を養うこと、情報の取捨選択のためにも、自分がどこに任せたいかをあぶりだすきっかけとして一括サイトは便利だと思いました!