今回「不動産査定サイト」を実際に使用してみたのでそのやり方と感想について詳しく説明します。
最近、ゲリラ豪雨や台風など自然災害などが増え、リスクがある土地では土地価格が下がったりしています。
約8年前に一戸建てを購入し、現在自分が住んでいる土地や不動産がどの程度の価値があるのか気になったため3つの不動産査定サイトを利用しました。

「イエイ」
ホームページのトップに簡単60秒で済む査定価格のスピード診断コーナーがありそちらを利用しました。

1・不動産の種類
2・都道府県の選択
3・市町村の選択
4・地域の選択

2ページ目へ進み不動産情報の入力

1・具体的な住所と建物の面積や土地の面積
2・間取り
3・築年数
4・物件の現状
5・依頼主と査定物件の関係

その後アンケートに答え、依頼主の情報を入力します。
その後は査定会社をいくつか紹介されるので選んで申し込む流れでした。

入力作業は数分ほどで済みました。
特に入力しにくい項目もなく問題ありませんでした。
数日後、メールで結果を教えていただき助かりました。

「イエウール」
ホームページへアクセスすると会話方式で住所や不動産情報を入力していきます。
不動産情報は築年数や土地・建物の面積、間取りや現状の入力等です。

情報入力と実際に訪問査定するのでは、訪問販売の方がかなり詳しく査定してもらえるようです。
訪問査定を希望するかここで聞かれます。

その後、次のページでイエウールがおすすめする不動産査定店を紹介されるので希望するお店にチェックを入れ無料査定依頼が完了です。
会話方式ですぐに入力自体は住みました。

今回は卓上査定で依頼しました。
数日後、結果を教えていただきました。

「りビンマッチ」
ホームページのトップに無料査定を申し込むカ所があるのでそちらに情報を入力していきます。
不動産の情報として、種類や面積、間取りなどを入力後、詳しい住所の入力をします。
その後依頼主の情報を入力します。

依頼の理由などを選ぶなど複数のアンケートに答えると、不動産査定店の候補が複数紹介されるのでお願いしたいお店にチェックを入れます。
その際、依頼企業先に伝えたいことなど記入することができます。
数時間後電話で担当者のかたから書類を発送するとご連絡頂きました。

3社ともしつこい勧誘は一切なく、コチラが望んだ情報のみを伝えていただき本当に助かりました。