物件の査定に必要な情報は、物件のタイプ、所在地、土地・建物平米数、建物の築年の情報です。
いずれのサイトも入力の手間はさほど変わりません。
ただ、入力項目がトップページからすべて分からないのが個人的にはちょっと不安がありました。

入力後の各サイト対応は、

・イエイ
エリアが該当しておらず、センター対応となり、電話連絡に3日程度要しました。

・リビンマッチ
5社がマッチ。うち、3社から30分以内にメール、1社から電話で連絡ありました。
さらに、その地域を専門とする1社はすぐに査定価格を提示されました。この専門会社は、私の物件エリア専門で、
早ければ1カ月以内、遅くても3カ月以内に売却できると自信を見せてくれました。
夕方までには、もう1社から査定価格の提示あり。しかし、大手業者は机上査定額で高めの回答で査定の精度が粗いと思いました。
物件の特殊性を踏まえた査定は、地域専門の1社のみで、他社は週末まで時間が欲しいとの回答でした。
週末まで待って中を見てもらって、残り3社からも査定をもらいました。
1社は分譲販売を中心に手掛けている会社で、そこが最も厳しい査定でした。
残り2社は大手、中堅ですが、査定額は甘めでとにかく媒介契約結んで、両手手数料を取りたいという姿勢が垣間見えました。

・スモーラ
30分以内に1社からメールがありましたが、こちらはマンションがメインで戸建てはあまり得意ではないのかな、という印象でした。
ただし、地元の不動産会社で対応は誠実な印象を受けました。