1.対象不動産情報
所在地:大阪府枚方市
種 別:ハイツ(賃貸物件:1R12戸)
名 義:自己所有

2.一括査定サイトの使い勝手
2-1.入力のし易さ
①イエイ
物権種別、都道府県、市町村、町名、番地、建物名、建物専有面積、土地面積、建築年、物件現状、賃料、査定物件の関係性、査定理由、希望・相談、傾向、査定方法、名前、年齢、住所、携帯番号、メールアドレス、質問・要望、を順に入力。
全てが選択式になっていましたので、尋ねてくる項目に対してわからなくても、とりあえず入力できるスタイルです。ただし気になったのは、査定理由の項目の少なさでした。理由の中に単純に、「売却目的」がどうして無かったのかです。総じて入力はし易いと感じました。
査定会社として、セ○フィットコーポレーション、○-JAPAN大阪本社、福○不動産販売香里店、土地活用の窓口の4社が候補に挙がり、査定を申し込みました。(2019/12/04/23:18)

②イエウール
物権種別、都道府県、市町村、町名、番地、建物名、土地面積、建物延床面積、築年数、別件状況、物件との関係、依頼理由、名前、年齢、住所、メールアドレス、電話番号、訪問査定希望有無、を順に入力。
こちらは、土地面積と建物延床面積については、数値入力となっていました。「イエイ」よりもアンケート部分の質問が無かったので、好感が持てました。
査定会社として、T○K、○-JAPAN、C○RFFIT、R○GAO、○不動産リサーチ、○都の6社が候補に挙がり、査定を申込ました。(2019/12/04/23:49)

③リビンマッチ
物権種別、都道府県、市町村、町名、番地、建物名、延床面積、土地面積、築年、物件状況、満室想定年間収入、戸数、名前、連絡先住所、年齢、携帯電話、電話番号、メールアドレス、依頼理由、売却希望時期、物件名義人、査定企業への要望、解体工事、リフォーム、注文住宅、生命保険、を順に入力。
「イエイ」、「イエウール」は、PC画面上で左半分にしても入力できましたが、「リビンマッチ」は画面を半分にすると、スライドしないと入力ができず、少し不便です。また、質問項目も一番多く、少しくどさを感じました。延床面積、土地面積、満室想定年間収入、戸数は数値入力です。
査定会社として、○ヴァンス、エー○ークリエイト、C○RFFIT、T○K、ス○イリンク、不○興産、清○通商、○不動産リサーチの8社が候補に挙がり、査定を申し込みました。(2019/12/05/0:10)

2-2、WEBサイトの感じ
①イエイ
良い意味であっさりしていて、好感が持てます。デザインもゴテゴテしてなく、清潔な感じさえ感じます。

②イエウール
こちらも「イエイ」よりもあっさりしていて、画面自体の好感が持てます。しかし、入力途中で広告欄がしつこく出てきましたので、これはいただけないと感じました。これだけで気分が悪くなります。

③リビンマッチ
入力の途中に、話しかけてくるイラストが出てくる仕掛けですが、効果はあまりないように思います。送信完了後、入力した内容の一覧が表示され、印刷もできるようになっていましたので、この機能は便利であると感じました。

3.不動産会社の対応
①イエイ
土地活用の窓口から電話連絡が入り、土地の値段だけを連絡してきました。何ともピント外れな連絡です。その後、○-JAPANから挨拶の電話連絡が入りました。
1週間後にイエイのWEBサイト自体から登録会社の連絡状況・不備の有無などの確認メールが入りました。

②イエウール
査定依頼直後に、WEBサイトからメールが届きました。その後、R○GAOから挨拶の電話連絡が入りました。少し遅れて、○不動産リサーチから電話連絡が入り、おおよその金額の提示がありました。

③リビンマッチ
査定依頼直後に、WEBサイトからメールが届きました。その後、立て続けに業者であるアヴァ○ス、不○興産、ス○イリンク、○不動産リサーチ、T○Kの順にメールが届きました。しばらくして、C○RFFIT、不○興産、清○通商と立て続けに電話連絡にて挨拶がありました。
4日後にリビンマッチのWEBサイト自体から登録会社の連絡状況の有無などの確認メールが入りました。

評価
「よく登録会社が教育されているなあ」と感じたのは、リビンマッチのWEBサイトでした。その中で一番、情報提供をしてくださった会社は、清○通商でした。