不動産一括査定サイトについてレビューします。

利用した不動産一括査定サイト 「イエイ」「リビンマッチ」「スモーラ」

1 イエイ
【入力フォームについて】
 サイトでは、オンライン査定について「かんたん60秒査定」と記載されています。
 まず、トップページで①物件タイプ、②都道府県、③市区町村、④エリア(地区名)を入力(選択)します。
 次に「次へ」をクリックすると詳しい物件情報の入力画面に移動します。
 入力項目は、①物件所在地、②建物面積、③土地面積、④間取り、⑤建築年、⑥物件の現状、⑦サイト利用者と査定物件との関係 の7項目で、
いずれも必須入力ですが、面積等は「だいたいでOK」とされています。
 次に、アンケート入力へと移動し、ここでは①査定理由、②希望・相談など、③傾向、④査定方法 の4項目を選択します。
④の査定方法は、訪問査定と机上査定から選択できるようになっています。
 最後に、診断結果送付先として、①姓名、②年齢、③携帯電話、④メールアドレス、④要望・質問(任意)について入力しました。
③の携帯電話は、SMSメールで査定結果を送る場合がある、と記載されていますが、データ送信後本番号あてに本人確認のSMSメールが送信されてきました。
これは、本サイトのみです。
 また、④の要望・質問欄には、今回喫緊の買い替え予定がないこと、電話連絡は不要である旨を記載しました。

 60秒査定を謳っていますが、60秒とは最初の4項目についてを指していると思います。査定にはそれ以降の項目への入力が必要であり、「かんたん60秒査定」の謳い文句には
疑問があります。しかし入力に困るような項目はなく入力はし易かったです。

【査定会社】
 必須項目に入力が終了すると、所在地情報により、本サイトに登録された不動産会社から査定依頼が対応可能な会社が表示されるので、
表示された会社から査定依頼する会社を選択します。
 本サイトでは、3社(最大6社)が選択されましたが、今回はそのうち1社(大手と思われる会社)を選択しました。 

【依頼会社の対応】
 依頼した会社からは、依頼後すぐ(2時間以内)に簡易査定結果のメールがあり、査定結果のPDFファイルも添付されていました。
 また当日の夕刻には担当者から電話があり、査定結果に関する補足説明をいただきました。迅速及び丁寧な対応であったと感じました。

【査定金額】※千円以下切捨て
 1-A社 土地:1,980万円  建物240万円(当日) ←査定依頼から査定報告書が提出されるまでの日数

2 リビンマッチ
【入力フォームについて】
 サイトのトップページで①物件タイプ、②都道府県、③市区町村、④エリア(地区名)を入力(選択)します。
 本サイトではその後のフォーム入力まで「最短45秒」と記載されています。 
 次に「startボタン」をクリックすると詳しい物件情報の入力画面に移動します。
 入力項目は、①物件所在地、②建物面積、③土地面積、④間取り、⑤建築年、⑥物件の現状で、いずれも必須入力です。
 次に、お客様情報として、①姓名、②年齢、③携帯電話、④メールアドレス、④依頼理由(選択)について入力しました。
 最後に、アンケートとして、①売却希望時期、②物件について(単独、共有名義等を選択)、③査定企業への要望理由、④解体工事の見積もり希望などを入力した後、
依頼会社の選択となります。本サイトでは、4社(最大6社)が選択されたので、4社とも査定依頼をしました。
なお、査定は売却査定となっており、イエイのように訪問査定と机上査定から選択できるようにはなっていませんでした。
 また、依頼先企業への要望として、今回喫緊の買い替え予定がないこと、電話連絡は不要である旨を記載しました。

 「最短45秒査定」の謳い文句については、物件情報を事前に把握できており、入力フォームに慣れた人であれば・・・という程度で、初めてサイトを利用する場合は
無理かと思います。イエイ同様、入力に困るような項目はありませんでしたが、気軽に利用するにあたっては、イエイのような訪問査定と机上査定から選択できる項目
があった方が良いかと感じました。

【査定会社】
 査定を依頼する会社は、上記のとおりアンケートの項目で選択することになります。
 本サイトでは、4社が選択されたので4社とも査定依頼をしましたが、うち2社はイエイで選択された会社と同じでした。比較的大手の不動産会社ばかりで、地元の
不動産会社は入っていませんでした。 

【依頼会社の対応】
 依頼した会社からは、3社からは依頼後すぐ(概ね2時間以内)に確認メールがあり、うち2社からは査定結果のPDFファイルも添付されていました。(1社はイエイ
と同じ会社です。)もう1社からは訪問調査の必要性についての確認メールがあり、不要である旨回答した結果、簡易査定ができ次第、メール送信するとのやりとりが
ありました。

【査定金額】※千円以下切捨て
 2-A社 土地:1,980万円  建物:240万円(1-A社)(当日)
 2-B社 依頼後対応する旨の確認連絡はありましたが、1週間後の時点で資料は届いていません。
 2-C社 土地:1,313万円  建物:264万円(3日後郵送)
 2-D社 土地:1,817万円  建物:265万円(当日)

3 スモーラ
【入力フォームについて】
 サイト全体が一括査定に特化している感じのトップページとなっており、最大9社の比較及び入力時間は45秒と記載されています。
 サイトのトップページで①物件タイプ、②都道府県の2項目のみとなっており、そこから査定物件情報の入力ページに移動します。
 入力項目は、①物件所在地、②建築年、③土地面積、④建物構造、⑤建物規模、⑥建物面積、⑦物件の現状(居住、空家等)、⑧物件との(所有)関係、⑨査定理由、
⑩売却/賃貸の時期で、いずれも必須入力ですが、ここまでの入力は20秒で完了との記載があります。
 なお、⑩売却/賃貸の時期に、「売却/賃貸の意思はない」との選択項目がありますが、この項目を選択すると一括査定はできない旨のメッセージが表示されます。
今回は「査定額によって時期を検討」の項目を選択しました。
 ※今回はレビュー対象としていませんが、ライフルホームズのサイトも売却希望時期を選択する項目で、「売却する意思はない」を選択すると査定不可となる仕様の
ようです。
 
【査定会社】
 上記までまで入力すると査定会社の選択項目項目が表示されます。本サイトでは、4社が選択されたので4社とも依頼をしましたが、1社のみリビンマッチと同じ会社で
あと3社は他の2サイトとは異なる会社でした。
 最後に、お客様情報として、①姓名、②年代、③連絡先住所、④電話番号、⑤メールアドレス、⑥査定会社への要望について入力しました。
本サイトでも他サイトと同様、⑥査定会社への要望として、今回喫緊の買い替え予定がないこと、電話連絡は不要である旨を記載しました。
 最後に、任意項目として①売却希望額、②賃貸希望額、③接道状況、④接面道路、⑤土地の形、⑥部屋の間取り、⑦リフォーム状況、⑧買い替えについて、
⑨査定物件の良い点、悪い点について詳細情報を入力する欄がありました。
 

【依頼会社の対応】
 依頼した4社のうち、リビンマッチと重複する1社ともう1社からはメールにて回答があり、査定書も添付されていました。
 なお、サイト(スモーラ)からのメールに、「マンションリサーチ一括査定」との記載があったため、確認したところ、本サイトの運営は「マンションリサーチ株式会社」
となっています。もしかするとマンション物件が中心のサイトなのかも知れませんが、サイトからはそうしたイメージは受けませんでした。
 結果的に、本サイトでは4社中2社からは何らの対応もなかったので、一戸建て物件の査定を依頼する場合には本サイトは対象外とした方がよいかと思います。 

【査定金額】※千円以下切捨て
 3-A社 土地:1,817万円  建物:265万円(2-D社)(当日)
 3-B社 連絡メール、資料等送付なし
 3-C社 連絡メール、資料等送付なし
 3-D社 土地:1,737万円  建物:603万円(当日)

4 まとめ
 ・ 入力フォームについては、全てサイトのトップページで3~4項目(物件タイプと所在地)を入力し、そこから詳細項目の入力ページに移行する構成で、
  入力項目は概ねどのサイトも同じである。サイトによっては無料査定最短〇〇秒と記載されているが、その時間で入力が完了することは、まずないと思われる。
   ただし、登記簿謄本等、土地、建物面積がわかる資料を事前に用意してあれば、数分で終えることができ、特に入力や選択に困るような項目はなかった。
   また、本文にも記載したが、売却や賃貸を目的としないサイト利用者をはじく質問項目を設定しているサイトもあった。
 ・ 査定を依頼する会社については、物件所在地で異なるものと思われるが、本件ではどのサイトでも3~4社が抽出された。抽出された会社は、一部重複していたが、
  サイトによって異なっていた。また、どのサイトも抽出された全ての会社に査定依頼をするよう記載されていた。
 ・ 査定依頼後は、全てのサイトから、サイトで選択した会社に査定依頼を行った旨のメールがあった。
   今回重複を除き、7社に依頼することになったが、うち4社から2~3時間以内に確認メール連絡があり、3社から当日中に査定報告書が提出された。
   依頼時に電話連絡不要と記載したため、電話連絡をよこした会社はなかった。1社のみ確認の電話をよこしたが、ここは個人的に関係のある会社だったので例外とする。
   残り4社のうち、1社は3日後、資料が郵送されてきた。メール対応の社は査定報告書がPDFファイルで添付されていたのみであったが、郵送対応の社は、
  自社パンフレットも含め、地域データなど多くの資料が添付されていた。
 ・ 査定結果は、本文記載のとおりである。3-D社の建物評価が高いが、計算書に「外観判定方法」の記載があるので、実際に物件を見て査定をした可能性がある。
(他社はおそらく築年数等のデータからのみの査定)
   2-C社の土地価格は、過去2年以内の類似事例の平均単価から算出したものとされており、路線価から算定した他社とは価格の開きが大きくなったと思われる。
 ・ 3つのサイトでは、利用しやすさという点では大きな差はなかったが、査定依頼先については、一部重複があったものの、異なる会社が抽出されており、机上査定に
  おいても各社で査定方法や金額が異なる結果となった。できるだけ多くの社を比較検討したい場合は、複数サイトから机上査定依頼を行い、その中から金額等を踏まえ、
  いくつか詳細(訪問)査定を依頼する社を選択していくのが良いと思う。

以上、不動産一括査定サイトのレビューとします。