転勤や転職、又は離婚や結婚、或いは出産などで家族構成が変わった場合。その他、相続を受けたが利用する予定がないなど様々な理由で所有している不動産を処分したり買い替えたりする事があるかと思います。その場合は先ず価格査定を行う必要があります。

不動産の売却や買い替えを行う場合、売却できそうな価格を算出することを査定と言います。
実際にはどのように行われているのか、ポイントなども一緒に解説します。

一般的な不動産の査定は、不動産業者に依頼するところから始まります。
このときの重要なポイントは1社にのみ頼るのではなく、複数の不動産業者に依頼することをおすすめします。
1社のみの査定結果しかわからない場合は比較する対象がなく、査定結果が妥当なのか否かの判断が難しいためです。
身内や知人などから不動産業者を紹介されたので、その業者へ丸投げでお願いする というのは論外です。
少なくとも数百万円~数千万円、物件によっては数億円という価値のある不動産の売却を安易に考えないほうが良いと思います。
たとえ、販売をお願いする不動産業者が決まっていたとしても 複数の不動産業者へ価格査定を依頼して下さい。
※一括査定での不動産価格査定は原則無料ですが、一括査定を利用せず、不動産業者へ個別に依頼する場合は査定実施前に必ず費用を確認をして下さい。
不動産の一括査定については、こちらの記事をご覧になってみて下さい。

そして、査定の結果に売却依頼者が納得すれば、不動産業者と売却依頼者双方の合意により媒介契約が締結されます。
そして不動産会社は媒介契約締結後、売却するために様々な活動を行います。
ポスターやウェブ広告を作成して、買い手が現れるのを待つのです。
その後買い手と売買契約が成立すれば、報酬(仲介手数料)を受け取れるというシステムです。

不動産に関する知識を持たない素人が、自己判断だけで価値を知ることは難しいでしょう。
不動産業者には、プロの査定スタッフが在籍しています。
正確な価値を知りたいのであれば、プロに相談することをおすすめします。

そんなプロが行う不動産の査定方法には、大きく2種類あります。
1つは簡易査定で、机上で行えるだけの簡単な査定と言えば良いでしょう。
不動産の立地条件などを伝えると、だいたいの価値を知ることができるのです
査定スタッフと直接対面する必要はなく、電話かインターネット上のシステムを利用すれば査定してもらえます。
直接査定が行われるわけではないため、簡易査定の結果は正確なものではありません。
だいたいの目安として考えてください。

時間がかかっても正確な価値を知りたい場合、訪問査定(詳細査定)が向いています。
訪問査定では査定スタッフが現場を直接訪れて、査定対象物件を細かくチェックするものです。
簡易査定よりも精度が高く、不動産物件全体の雰囲気や生活感などが評価されます。
気軽に利用したいのであれば、まずは簡易査定から依頼すると良いです。
次に訪問査定を依頼して正確な価値を知り、その内容に納得できた場合にのみ契約を結んでください。

不要となった不動産をただ持ち続けていても、維持費や税金などで出費が大きくなってしまいます。マンション等ですと、管理費・修繕積立金も支払い続けなければなりません。
信頼できる不動産業者に相談して価格査定と売却を依頼したほうが良いと思います。