不動産の売却を不動産業者に依頼する場合、仲介販売買い取りという2つの方法があります。
仲介販売と買取りはどちらも不動産売却の方法ですが、両者は全く異なります。
不動産の売却を予定されているかたは、2つの特徴や違いを理解しておきましょう。

仲介販売と買取の違いは売却を依頼する不動産業者の立場の違いと考えて下さい。
まず、不動産の仲介販売とは不動産業者が売り主に代わって販売活動を行い、売買時に買主と売主の間に立ち、契約を成立させるためのパイプのことです。
このような業務を主に行っている不動産業者を不動産仲介業者といいます。
不動産を売ったり買ったりするのを手伝ってくれる、とイメージして良いでしょう。

仲介役となる不動産業者は、不動産の査定や販売価格の提案などを行います。
あなたが不動産の売主であれば、チラシやウェブ広告などによる宣伝活動を任せます。
空室の住宅の場合は、鍵を預けて現地案内(物件の内覧立ち会い)なども任せます。

次に不動産の買い取りとは、売却希望者(あなた)から不動産業者が買主となり直接買い受けます。その後、不動産業者は自社物件として販売を行います。この事を買取再販ともいいます。
一般のお客様(買主)への仲介販売の場合、売主は売却時にリスクが存在しますが、それを不動産業者に転嫁できるというメリットがあります。
不動産業者は売買の当事者(買い主)として、売主(あなた)と直接交渉ができるというメリットがあります。
また仲介では無い為、仲介手数料が発生しません。
取り扱われる不動産の種類は様々で土地や一戸建ての他に、マンションなども対象となります。

仲介と買い取りの取引の違いは、貴方(売主)から見た取引の相手方(買主)です。
不動産業者がパイプ役となり買い主を売り主とつなげることが仲介であるため、買主は個人の顧客となることが殆どです。
反対に買い取りは、不動産業者が買主となります。

売却の手続きにかかる期間にも違いがあります。
仲介販売では、通常3ヵ月程度の目安があり、それに応じて査定価格を決める場合もあります。
しかし不動産の価格や状況などによっては、3ヶ月以上経過しても買主が見つからない可能性もあります。
市場の状況を見て成約可能価格を設定しなければならない為、不動産業者と相談した上で決めることが重要です。

一方、買取は3ヶ月もかからないでしょう。
上記で説明した通り不動産業者が買い主であるため、仲介の場合のように買主を探す必要がないからです。
広告や販売活動の必要性もなく、それらにかかるコストの削減も可能です
不動産業者(買取業者)と取引価格の折り合いが付けばスグにでも取引が成立します。
短期間で済ませたい場合におすすめします。

不動産の仲介販売と買い取りにはそれぞれ違いがありますが、どちらが良いか判断するのは自分自身です。
自分の都合に合った方を選び、何より安心して取引できる不動産業者を探すことが重要となります。
尚、不動産一括査定サイトには「仲介販売用査定」と「買取査定」の両方に対応しているサイトも有ります。
不動産一括査定サイトの説明記事もあわせてご覧になってみて下さい。