状態の良い不動産は高値で売却できる場合もありますが、状態の悪い物件だと高値での売却は厳しいでしょう。
不動産をリフォーム(修繕)やリノベーション(改装)してから売却すると高値となる場合もあります。
高値で売却するための方法を紹介しますので、よろしければ参考にしてみてください。

不動産を売却するために査定を依頼する場合、査定前には原則としてリフォームする必要はありません。
リフォームには費用がかかり、査定額アップに直接影響するとは限らないためです。
しかしあまりにも状態が悪く修繕箇所が多い場合、必要最低限のリフォームをした方が良い場合も有ります。
多少気になる箇所がある場合は、簡易的なリフォーム(修繕)やハウスクリーニングをすることをおすすめします。

たとえば、タバコの汚れやペットの汚れなどで壁紙や床のの汚れ酷いと、査定時にマイナスとなる可能性があります。
目立たないようなレベルであれば、リフォームをする必要はありませんが、
問題が広範囲に及んでいる場合や汚損や破損の度合いが強い場合、リフォームをして綺麗な状態にしたほうが良いです。


リフォームと言っても物件全体を綺麗にするわけではなく、簡易的なものであれば費用を抑えることも可能です。
中古物件の中には、「リフォーム済み住宅」や「リノベーション物件」というジャンルがあります。
物件の状態がそれなりに良く新築物件よりも安く購入できるため、買主が現れやすいということから人気を博しています。

リフォームの必要性やどこを修繕すれば良いか判断できない場合、プロに相談すると良いです。
「リフォーム」と「リノベーション」ついて、両者は同じ意味で用いられる事が多いですが決定的な違いがあります。
それは、修繕(リフォーム)か改装(リノベーション)の違いです。
両者とも、物件を綺麗にするという意味では同じですが内容が違います。
以下、それぞれの違いとメリット・デメリットについて説明します。
((リフォーム))
経年劣化・汚損・破損等により、ボロボロになった部分を修復(復元)するといった場合を「リフォーム」と言います。
メリットは、比較的安価で出来る事です。
デメリットは、修復(復元)には限界が有る事です。
((リノベーション))
既存物件に新たな機能や価値を付け加える改装工事(改築工事)の事を言います。
例えば、間取りを変更する、設備(キッチン・バス・トイレ等)をより最新の物で機能性の高いものに変更するなどです。
メリットは、自分好みの設計の居住空間を作れる事です。
デメリットは、物件によっては耐震工事が必要で有ったり、本来改造したい箇所以外の工事が必要となる場合も有る事です。
結果として、工事費を安く済ませることは出来ないかもしれません。

査定について、
不動産業者の場合、査定本番前に簡易的な査定が行われる場合もあります。
査定本番(詳細査定)では査定スタッフが査定対象物件に訪問して直接チェックすることになりますが、簡易的な査定(簡易査定)は電話やインターネット上で済みます。
不動産の状態や立地条件などを伝えると、大体いくらくらいになるかを教えてもらえます。
そして、簡易査定・詳細査定とも一般的には「無料査定」として対応する不動産業者が殆どです。
※無用なトラブルを避けるために、見積もりを依頼する前は必ず「無料見積もり」を確認して下さい。

リフォーム前の査定結果が予想よりも安かった場合、リフォームを検討して下さい。
リフォーム会社に見積もりを依頼する場合、不動産業者からの指摘箇所を伝えると良いでしょう。
必要な箇所だけを修繕するように伝えておくのです。
不動産業者の査定のように、リフォームの見積もりも一般的には「無料見積もり」として対応するリフォーム業者が殆どです。
※無用なトラブルを避けるために、見積もりを依頼する前は必ず「無料見積もり」を確認して下さい。
そして、査定を依頼した不動産業者にリフォーム内容を伝えて 最初の査定額からどれくらいアップするかを確認して下さい。
最後に、リフォームを実施するタイミングも確認しておきましょう。
空室物件や販売開始前(又は販売中)に引越をして空室にする場合は、先にリフォームを施した方が良いのか、それとも、リフォームして引き渡すとした条件で現状のまま売り出すのが良いのか。
最初の査定額よりも高く納得できる結果であれば、双方の合意により媒介契約を結んでから販売開始となります。

リフォームおよび修繕は売却時の義務ではなく、必要に応じて最低限にとどめておくことが高値で売却するためのコツとなります。