不動産の購入のために住宅ローンを利用し、返済中のかたは残債について気になるかもしれません。
住宅を売却して完済できる場合もあるため、検討することをおすすめします。
住宅の売却を希望する人に向けて情報をまとめますので、住宅ローンの完済を目指す人は要チェックです。

実は、住宅ローンの残債が残っていても、条件を満たせば売却は可能です。
現在住んでいる住宅を売却後、ローンを一括返済することが条件となります。
つまりローンの残債よりも売却額の方が大きければ、簡単に完済できます。
売却額だけでは足りない場合、自己資金を充てても問題ありません。
購入して(住宅ローンを組んで)まもない場合は、ローンの元金があまり減っていない事が多いので 残債よりも高額で売却できる住宅は限られます、やはり、自己資金があった方が有利でしょう。
まずは、無料査定サービスを利用していくら位で売れるか調べてから計画を立てましょう。

住宅を手放す場合、抵当権を解除する必要もあります。
住宅ローンの支払いが滞った場合に住宅を差し押さえて売却する権利が債権者(金融機関)には認められており、融資した対象の住宅を担保とします。そのことを、対象物件に抵当権を設定すると言います。
抵当権は住宅ローンの残債がある状態では解除できないため、自己資金で事前に残債を完済するか 又は、売却時に受け取る売買代金を利用してローンを一括返済することが条件となるのです。
住宅ローンの返済が滞り、抵当権が実行され 差し押さえとなると住宅ローンの支払い義務がある債務者は基本的には抵抗できる手段がなく、住宅は競売にかけられます。
計画的に返済することが重要ですが、いざというときのことも考えておいてください。

売却額と自己資金を合わせても完済できない場合、任意売却という方法があります。
任意売却とは住宅ローンの返済が厳しい場合、金融機関の同意を得て売却することです。
一括返済が不可能で月々の支払も厳しい人を救済する制度であり、認められれば売却後に完済できなかった分を再分割して支払うことができます。
差し押さえによる競売は強制的に行われるもので、裁判所によって認められたものです。

任意売却の手続きの流れは、一般的な不動産の売却とほぼ同じです。
債務者が任意売却を行うためには、金融機関からの同意があることの他に2つの条件があります。
1つは任意売却申し出時点で住宅ローンの滞納がある、もう1つは売却時に残債が完済できないことです。
通常の売却ではこの2つの条件は求められません。
抵当権も抹消されるため、選択肢の1つとして覚えておいてください。

わかりやすく言えば住宅ローンの返済ができなくなると、競売によって住宅を失ってしまうのです。
それは返済できない債務者の責任となりますが、住宅ローンの残債が残っていても売却により助かる道もあるのです。

(注)競売となった場合は勿論ですが、任意売却を行った場合でも「個人の信用情報」に不利な情報が登録される事があります。いわゆる金融機関の「ブラックリスト」に載るということです。そして、その「ブラックリスト」の情報は各金融機関で共有されているようです。
A銀行で任意売却を行って、全て解決した後にB銀行で融資を受けようとしても不承認だったとか、C信販でクレジットカードを作ろうとしたら出来なかったとか、お金を借りる行為が殆ど制限されるようです。
したがって、「任意売却」をご利用される際には十分に検討をして下さい。