利用していない古家を所有している場合、売却と解体のどちらが良いのでしょうか。
古家に価値があれば高額で売却できる場合もありますが、解体して土地を有効活用した方が良い場合もあるため悩む人もいるようです。
それぞれのメリットやデメリットを理解すると、判断しやすくなるかもしれません。

所有不動産が古家の場合、売却と解体のどちらが良いかについてですが、答えはケースバイケースです。
それぞれにメリットとデメリットがあり、所有する人の事情も様々なため断言できません。

まず古家をそのまま売却するメリットですが、解体費用がかからないことです。
解体後に(更地にして)売却したり新しい住宅などを建てることになると、解体費用もかかるため負担が大きくなります。
不動産業者に相談して古家のまま買取や仲介を依頼した方が、何かとスムーズに流れることもあります。
土地の上に古家が建った状態であれば、土地にかかる固定資産税が軽減される特例もあります。

デメリットは売却額が安くなりやすいことです。
古家が好きで住みたいと考える人もいますが、都市開発などの影響もあり新築の需要が大きくなっています。
また築年数や建物の状態から、古いものは査定時にマイナスとなる場合もあります。
また、現状渡しで買い受けて、買主が解体を行う場合は 値引き交渉などが入る場合があります。
このような事情から売却額が高額となりにくく、不利となることもあるのです。

次に古家を解体するメリットですが、古家にあったデメリットがなくなることです。
老朽化した建物を取り壊せば、瑕疵担保責任が発生しなくなります。
売却後にひび割れや雨漏りなどの瑕疵があれば売主の責任となり、買主には損害賠償請求や契約解除などの権利が認められる場合もあります。
しかし古家そのものを解体してしまえば建物に関係する瑕疵もなくなるため、瑕疵担保責任について心配する必要がないのです。
跡地に新しい建物を立てて、別のことに利用できる場合もあります。

デメリットは上記のとおり解体費用がかかることですが、自治体によっては助成金を利用できる場合もあります。
※土地を売却する目的で解体工事を行い買主が現れなかった場合、固定資産税が高くなることにも注意してください。
※固定資産税が6倍になることもあるため、古家を解体して更地にする場合は慎重な判断が必要です。

売却と解体のメリットとデメリットをバランス良く考えて、自分の都合に合った方を選んで下さい。
古家をどうすべきか迷ったときは不動産業者や税理士など、専門家の意見を参考にしてから判断すると良いでしょう。